マンション売却におけるデメリット - マンション売却 売りたい!高く査定する方法

マンション売却におけるデメリット


購入したマンションを引越しなどの様々な事情で売却することになった際、売却した代金が収入となる一方で、デメリットも少なからず存在します。

売却の主なデメリットとして、様々な費用が挙げられます。

不動産仲介業者などに支払う仲介手数料
マンション売却を不動産会社等に依頼した場合、仲介手数料は売買契約が成立した時点で発生します。

ただし仲介手数料に関しては上限が定められており、売買価格の3%+6万円に消費税を加えた金額とされています。
マンションの売却ともなれば大きな金額になるため、3%の手数料はけして少なくない金額です。

譲渡益が出た場合は所得税や住民税を納めなければなりません。
他にも色々と費用がかかる場合がありますので、実際に手にする金額は、売却代金よりも少なくなることをあらかじめ理解しておかなければなりません。

売却時期によっては損を出す可能性がある。
地価は日々、景気の動向などによって変動しています。そのため売却のタイミングを間違うと大損を出すことになりかねません。
地価の変動には目を配るようにしなくてはなりません。

関連して、希望通りの金額で売却できるとは限りません。
購入時よりも低い金額での売却を迫られることもあるかもしれません。
そのため売却までに長期間を要する可能性もあります。


こうしたデメリットは前もって把握しておくことができることばかりです。
しっかりと念頭に置いた上で、マンション売却を成功させましょう。

後悔をしないためにマンション売却をここからスタート

全国700社以上の厳選された会社の中から査定を受けることができる、
日本最大級の不動産売却の専門サイト



  • 自宅から数分で終了!
  • 複数の会社の診断結果を比較
  • お断りもお願いできる
  • 診断は全て無料!



まずは無料査定

自分のマンションの基準額を知るところから始めましょう!