マンション売却で大規模修繕費は - マンション売却 売りたい!高く査定する方法

マンション売却で大規模修繕費は


マンションと一戸建て住宅の大きな違いは、大規模修繕費があるかないかです。

今マンション業界では13年から15年に一度大規模修繕工事を実施するのが一般的となっています。
主に外壁を中心としてマンションの躯体を補修修理する工事です。

それ以外にも、劣化具合や壊れた程度にもよりますが、マンションの共有部分全部が修繕範囲となります。
屋上、ベランダ、地下室、駐車場、電気室、受水槽、エレベーターなど電機機械関係もすべて含まれます。
そのため修繕費用は膨大なものとなりますので、ほとんどのマンションでは月々その費用を積み立てております

分譲マンションの各区分所有者が月々マンションの管理組合にその費用を支払っております。
ここで特に注意しなければならないのは、月々積み立てている費用(積立金)は各個人のものではなくなってしまう、ということです。
この積立金は二度と個人には戻ってこないという性質のお金です。

もし大規模修繕工事で余ったなら、次の修繕工事用に繰り越されます。

それではマンションを売却し転出する場合はどうなるのか、という課題に入ります。
答えは、積立金は個人(転出者)には返還されない、という悲しい事実です。
例えば毎月1.5万円、年18万円支払っている区分所有者が入居後10年で売却したとすれば、その時点で180万円の積立金(利息を除く)があることになりますが、このお金を放棄することになるわけです。

マンション売却の隠れた悲哀であります。
それでも売却するならどうぞ、ということです。

ちなみに購入して新しく入居する区分所有者は、積立金残高をそのまま引き継ぐことになります
ちょっとどころか、かなり得をしているようですね。

後悔をしないためにマンション売却をここからスタート

全国700社以上の厳選された会社の中から査定を受けることができる、
日本最大級の不動産売却の専門サイト



  • 自宅から数分で終了!
  • 複数の会社の診断結果を比較
  • お断りもお願いできる
  • 診断は全て無料!



まずは無料査定

自分のマンションの基準額を知るところから始めましょう!