マンション売却のデメリットについて - マンション売却 売りたい!高く査定する方法

マンション売却のデメリットについて


マンションは、一般の戸建て住宅とは異なり、各区分所有者間の共有関係にある共用部分、敷地、それに専有部分(各お部屋のこと)の3つから構成されていて、権利関係が非常に複雑な不動産です。

築浅のマンションですと、たとえ管理の状態がそれほど優れていなくても売却価格は高くなるでしょうが、築20年、30年と経過していくと、マンションの売却価格がどんどん下がっていくのが一般的で、売りたくても買い手が付かず、しかも管理費や修繕積立金といったマンションの共用部分を維持するための費用が毎月かかり、維持していくのすら大変ということは間々ある話です。

中古マンションの取引相場を見ていると、築年数と売却価格との間には、反比例に関係のあるのが見て取れ、新築から築20年くらいの間に取引価格は急速に下落していき、その後30年から40年くらいの物件では価格の下落幅が緩やかになっていくという全般的な傾向があります。

もちろんこの話は中古マンションの相場を俯瞰した上での話であり、マンションの立地状況や管理のあり様によって、売却価格に大きな違いが生じてくるのは確かですが、全体的な傾向としては上のような傾向が見て取れます。

したがってマンションを売却する場合は、新築マンションを購入して、これを20年程度運用し、売却するのは一般的な傾向としてはリスクが大きく、デメリットが多いと考えられ、中古マンションを資産として運用する場合は、25年から30年程度経過して、価格の落ち着いたマンションを購入し、これを運用していくという方法があまり知られてはいませんが、リスクが少なく、無難な運用方法であると言えます。

後悔をしないためにマンション売却をここからスタート

全国700社以上の厳選された会社の中から査定を受けることができる、
日本最大級の不動産売却の専門サイト



  • 自宅から数分で終了!
  • 複数の会社の診断結果を比較
  • お断りもお願いできる
  • 診断は全て無料!



まずは無料査定

自分のマンションの基準額を知るところから始めましょう!