必ず得をするわけではない - マンション売却 売りたい!高く査定する方法

必ず得をするわけではない


マンション売却のデメリットとしては、売却価格が購入価格を下回る可能性があるということです。

元々マンションの価格は変動制となっており、そのマンションが年数を重ねることに安くなる傾向があります。

また新しいマンションが出来てしまうと、その都度値下がりする可能性もあります。
後は景気動向によっても変動することがあるのですが、こうした理由によって、マンション価格が買った時よりも安くなる可能性は十分にあります。

もう1つ問題があるとすれば、売却した後にトラブルが発生することもあることです。
本来であれば購入者が異議を申し立てるということは無いのですが、十分な説明がされていなかった場合、購入後に文句を言われてしまうということです。
こうしたリスクを背負うことにはなるのですが、この2つ以外に、目立ったデメリットは存在しません。

売却するということは、お金を得るということになります。
確かに色々な手数料を支払ってしまうと、思ったほどお金は残らないかもしれません。
しかし、これ以上価格が下がってしまうと、更に損をすることになります。これを抑止するだけでも、それなりにメリットは生まれるのです。

マンションを売却し、新しい場所で生活をする際に、何らかのトラブルが発生する可能性もあります。
これは売却に関するデメリットではありませんが、売却後に発生する可能性のあるデメリットと言えます。
このような問題を乗り越えなければ、マンションを売却するのは控えた方が良いかもしれません。

後悔をしないためにマンション売却をここからスタート

全国700社以上の厳選された会社の中から査定を受けることができる、
日本最大級の不動産売却の専門サイト



  • 自宅から数分で終了!
  • 複数の会社の診断結果を比較
  • お断りもお願いできる
  • 診断は全て無料!



まずは無料査定

自分のマンションの基準額を知るところから始めましょう!