マンション買取業者と売主との意識の違い - マンション売却 売りたい!高く査定する方法

マンション買取業者と売主との意識の違い


マンションを高く売れない原因は、マンション買取業者とマンションの売主との意識が違っているからです。

考え方も立場が違ってくると異なってくると言われていますが、マンションの売買というのは、本当にマンション買取業者とマンションの売主との考えが違っています。

マンションの売主は、いい所をアピールし、デメリットをマンション買取業者は重要視するのです。

例えば、不幸にもマンション内で自殺が起きた物件についてです。
自殺は親族ということで、マンションの売主はそれほど気にしていないような感じで、相場は一般的なもので売ろうとします。

マンションを購入する人の心理を理解しているマンション買取業者の立場からすると、相場ではとても売却できない物件です。
そのため、相場での買取は難しい、相当相場よりも価格を低下して売らないと売れないことをマンションの売主に伝えます。
しかしながら、マンションの売主は理解してくれません。

かえって、この物件は屋上も使用できるのですとか、重量鉄骨造りなのですとかいい所のみをアピールするのです。
マンションを購入する人にとって大切なのは、屋上が使用可能であることや重量鉄骨造りというようなメリットよりも、自殺が起きたというようなデメリットのほうです。

実際に自殺が起きたマンションの場合は、マンションを購入する人に告知する必要があります。
このような物件はやはり売却できなかったそうですが、マンションを購入する人とのギャップが埋まらないと売却することは困難なのです。

後悔をしないためにマンション売却をここからスタート

全国700社以上の厳選された会社の中から査定を受けることができる、
日本最大級の不動産売却の専門サイト



  • 自宅から数分で終了!
  • 複数の会社の診断結果を比較
  • お断りもお願いできる
  • 診断は全て無料!



まずは無料査定

自分のマンションの基準額を知るところから始めましょう!