マンション売却の手続きについてご紹介しましょう - マンション売却 売りたい!高く査定する方法

マンション売却の手続きについてご紹介しましょう


マンションを売却する場合には、マンションの査定業者を選んで、正確な見積もりを訪問査定などによって提示してもらいます。

その見積もり結果をベースに、媒介契約をマンション査定業者と締結します。

その後、マンションを購入したいという人が見つかれば、売却契約を締結します。

それから売却代金を決済して引渡し、というようなものが一般的な流れです。

詳細なマンション売却の手続きについてご紹介しましょう。

マンション媒介契約
媒介契約の種類は、一般媒介契約、専属専任媒介契約、専任媒介契約の3つがあります。
メリットとデメリットがそれぞれあるため、媒介契約の種類を自分の都合に応じて選びましょう。

マンション売買契約を締結
マンションの購入主が見つかってお互いの了解が得られると、マンション売却契約を締結します。
この売買契約書に捺印すると、契約が正式に成立します。
一旦契約が成立すると、簡単に契約内容を変えることができないため、事前に全て気にかかることはチェックしておきましょう。

いよいよマンションの引渡し
事前に準備しておくと取引がスムーズに進むため、必要なものをきちんと確認しておくことが、成功のポイントです。

マンションの売却費用というのは、住宅ローンを抹消する費用、リフォーム費用、契約書等を作成する費用、税金を言います。
マンション売却の場合には、どの程度このような費用がかかるのかもチェックしておきましょう。
抵当権、所有権など、普段は聞くことがない言葉についても、マンション売却の場合には内容を確認しておきましょう。

後悔をしないためにマンション売却をここからスタート

全国700社以上の厳選された会社の中から査定を受けることができる、
日本最大級の不動産売却の専門サイト



  • 自宅から数分で終了!
  • 複数の会社の診断結果を比較
  • お断りもお願いできる
  • 診断は全て無料!



まずは無料査定

自分のマンションの基準額を知るところから始めましょう!