マンションを売りたい人の賢い確定申告 - マンション売却 売りたい!高く査定する方法

マンションを売りたい人の賢い確定申告

 

投資目的でも単に住居を変えることが目的でも、マンションを売って利益(譲渡所得)が出た場合には、確定申告をする必要があります。

 

詳しくは、国税庁のHPなどで最新情報を確認するべきなのですが、ごく簡単にまとめると、

 

 A そのマンションを売った金額(譲渡価格)
 B そのマンションを購入した価格に減価償却を差し引いた金額(取得費)
 C 不動産屋さんへの仲介手数料や改装に掛かった費用など(売却費用)

 

 譲渡所得=A−(B+C)

 

この譲渡所得(マンションを売った利益)に

 

もし売ったマンションに住んでいた場合(居住用)であれば、3000万円の特別控除を引いた分が、確定申告するべき課税譲渡所得となります。

 

この課税譲渡所得があった場合に、所定の税率で住民税と所得税が掛かってきます。

 

ですから、マンションを売りたい場合には、あらかじめ確定申告が必要であること、特別控除があることを理解しておくことが賢い方法の第一歩と言えます

 

そして、課税譲渡所得に対しての税率というのは変更されることが多く、最近でも消費税などの税率も変わっていることもあり、それらの税率などの情報をあらかじめ不動産会社などから早めに聞いておくことが必要です。
その上で【不動産のオンライン査定ページ】などを利用してマンションがどれくらいで売れるのかの目安を調べておくことも必要なのです。

 

たまたまその年にマンションが売れたから流れで確定申告をするのと、きちんと税率や控除などをしった上で確定申告するのと、どちらが賢い確定申告であるかは、言うまでもないと思います。

 

マンションを売りたい時には、情報をしっかり収集し賢い確定申告をしていきましょう。

 

後悔をしないためにマンション売却をここからスタート

全国700社以上の厳選された会社の中から査定を受けることができる、
日本最大級の不動産売却の専門サイト



  • 自宅から数分で終了!
  • 複数の会社の診断結果を比較
  • お断りもお願いできる
  • 診断は全て無料!



まずは無料査定

自分のマンションの基準額を知るところから始めましょう!