売却したいマンションを査定してもらう方法 - マンション売却 売りたい!高く査定する方法

売却したいマンションを査定してもらう方法

 

子供が生まれたことで、今住んでいるマンションが手狭になってしまった、家族が減って、自分たち夫婦だけ暮らすには広すぎるなど、マンションを売却したいと思う理由は、ひとそれぞれ様々な理由があります。

 

売却したいマンションがある場合、まずは、不動産業者に査定を頼むことになりますが、マンションの査定をしてもらう方法にはどのようなやり方があるのでしょうか。

 

原価法という査定方法
原価法とは、対象になるマンションの再調達原価を基準として不動産価値を割り出す査定方法です。
マンションを、仮にもう一度購入した場合の価格(再調達原価)を割り出して、現在の経過年数による価値の低下を引き(減価修正)現在の価値を査定します。

 

取引事例比較法という査定方法
こちらは、売却しようと思うマンションと似た立地や土地条件、間取りの不動産情報を集め、その総合的な価格を比較することにより、マンションの価格を査定する方法になります。
よく利用される査定方法ですが、不動産鑑定士によって査定額が変わるので注意しましょう。

 

収益還元法と呼ばれる方法
この方法は、マンションが将来生み出すと考えられる収益の現在価値の総和を求めることにより、マンションの試算価格(収益価格)を求める査定方法で、主に賃貸用マンションの価値を試算する場合に使われます。

 

 

収益還元法はさらに直接還元法とDCF法のふたつに分類されており、どちらも非常に細かい計算によって求められる整合性の高い査定方法です。

後悔をしないためにマンション売却をここからスタート

全国700社以上の厳選された会社の中から査定を受けることができる、
日本最大級の不動産売却の専門サイト



  • 自宅から数分で終了!
  • 複数の会社の診断結果を比較
  • お断りもお願いできる
  • 診断は全て無料!



まずは無料査定

自分のマンションの基準額を知るところから始めましょう!