マンションの角部屋は売却時有利か? - マンション売却 売りたい!高く査定する方法

マンションの角部屋は売却時有利か?

 

マンションの角部屋は一般的に人気があると言われています。
やはり売却時にも有利なのでしょうか?

 

 その答えは、もちろん有利です。

 

角部屋は、角部屋ではない他の中住戸(左右にも部屋がある)に比べると、メリットが多いからです。

 

一番のメリットと言えるのが、構造上窓が多く二方面にあることでしょう。
そのため、風通しが良くなります。

 

中住戸の場合だと一方面にしか窓がないため、風通しが悪くなりがちですし、片側が廊下などの場合は、窓を開けにくいものですが、二方面の場合は同じように片側が廊下で開けられなくても、大抵の場合は十分風の通り道が出来るため風通しが良くなります。
さらに、太陽の光も入りやすくなるため、採光も十分期待出来ます。

 

隣の部屋も少なく部屋付近の廊下を歩く人も少ないため、騒音などの心配もかなり少なくなる点も魅力的です。

 

しかも通常のマンションでは角部屋は少ないため、より人気が出る物件と言ってもいいでしょう。

 

一括で査定出来る【不動産のオンライン査定ページ】などでも角部屋以外に比べるとかなり高評価が出てくる可能性も十分です。

 

ただ、角部屋ならではのデメリットもあります。

 

例えば、横に道路がある場合などは、騒音や排気ガスの影響をかなり受けます。
住んでいる時には、慣れてそこまでデメリットと思わないかもしれませんが、新しい買主にとってはそれがマイナスとなる場合も十分考えられますので、実際に売却を不動産会社に依頼する際には、このデメリットについても相談をしていくことをお勧めします。

 

マンションの売却時、角部屋は間違いなく有利です。

 

しかし角部屋ならではのデメリットも把握することがその有利さを活かすためには必要なのです。

 

後悔をしないためにマンション売却をここからスタート

全国700社以上の厳選された会社の中から査定を受けることができる、
日本最大級の不動産売却の専門サイト



  • 自宅から数分で終了!
  • 複数の会社の診断結果を比較
  • お断りもお願いできる
  • 診断は全て無料!



まずは無料査定

自分のマンションの基準額を知るところから始めましょう!