マンションを売る時にどのくらい税金がかかるか - マンション売却 売りたい!高く査定する方法

マンションを売る時にどのくらい税金がかかるか

 

マンションを売る際に、気になるのがどのくらい税金がかかるのかという問題ではないでしょうか。

 

せっかく、お金を得るためにマンションを売却したのに、多額の税金を取られたのでは意味がありませんよね。

 

ここでは、マンションを売る時に、どのような税金がかかるのかについて簡単にお話ししようと思います。

 

まず、マンションを売った場合には、例外なく所得税や住民税がかかることになります。
この所得税と住民税の計算は、所有期間が10年以上になるか譲渡所得が6000万以上か以下によって異なり、所有期間が長ければ長いほど安くなる仕組みです。

 

譲与所得の計算は、マンションの売却価格から、購入価格、取得費、譲与費用を引いた額となります。

 

ただし、買ったときよりもマンションが安く売れた場合と、譲渡所得が3000万円以下の場合には、確定申告をすることで税金の還付を受けることができますので、一般的なマンション売却ならば、実質的にほとんどのケースで税金を支払わずにすむので安心です。

 

もちろん、税金がかかるケースでも確定申告をすることで税金が安くなりますから、マンションを売った際には、忘れずに確定申告を受けるよう心がけましょう。

 

さらに、マンションを購入時より安い価格で売ることになり、売却した年の所得から控除しきれない損失が残る場合には、3年間に渡ってその損失分の控除を受けられるという譲渡損失の繰越控除制度というものがあり、最高4年にわたって、税金の控除が受けられます。

 

後悔をしないためにマンション売却をここからスタート

全国700社以上の厳選された会社の中から査定を受けることができる、
日本最大級の不動産売却の専門サイト



  • 自宅から数分で終了!
  • 複数の会社の診断結果を比較
  • お断りもお願いできる
  • 診断は全て無料!



まずは無料査定

自分のマンションの基準額を知るところから始めましょう!