マンションの査定書にはひな形があるの? - マンション売却 売りたい!高く査定する方法

マンションの査定書にはひな形があるの?

 

マンションの査定を行う際に、不動産会社が作成する査定書には、調べる項目に関する雛形が用意されていることが通例です。

 

この、マンション査定書の雛形は、各不動産会社ごとに内容が異なっており、A4用紙数十枚にわたる綿密な査定所を作る会社もあれば、たった一枚きりの薄っぺらい雛型の会社もあります。

 

必ずしも査定書の項目が多ければよいと言うものではありませんが、少しでも多い情報量から査定してもらった場合のほうが、実際のマンションの価値にそった適正な査定額になることは言うまでもないでしょう。

 

ここでは、一般的な不動産会社のマンション査定における雛方の項目について、簡単にご説明したいと思います。

 

まず、査定される時には、所有権や賃貸権などの権利や建物に関する法律にそったものかどうかを市役所で調べられます。
そのマンションを所有者が売買する権利があること、法律的な違反がないことが明らかになってからでないと、不動産業者も安心して不動産の取引きをを行えないためです。

 

次に、その不動産の間取りや立地条件、建築経過年数、周辺地域の施設環境や交通情報、また、マンションの場合は、管理情報等などを調べられることになります。

 

これらの項目は、マンション査定額を出す際に非常に重要になるので、自己申告の場合は、間違いのないようにしっかりと伝えるように心がけましょう。

 

最後に、不動産業者が査定価格算定に利用するため、そのマンションの近隣で売買された物件の取引き価格の調査が行われます。

 

基本的には、この近隣物件の取引き価格と、マンションの状況を照らし合わせた上で、マンションの査定額が決定されることになるということを覚えておくと良いでしょう。

後悔をしないためにマンション売却をここからスタート

全国700社以上の厳選された会社の中から査定を受けることができる、
日本最大級の不動産売却の専門サイト



  • 自宅から数分で終了!
  • 複数の会社の診断結果を比較
  • お断りもお願いできる
  • 診断は全て無料!



まずは無料査定

自分のマンションの基準額を知るところから始めましょう!