マンションを売却するための手続き - マンション売却 売りたい!高く査定する方法

マンションを売却するための手続き


マンションの売却を行うためには、一定の手続きを踏まなければなりません。

事前に手続きの内容を押さえておき、いざという時に素早く売却まで進めるように以下で具体的な手続きを確認していきましょう。

1.媒介契約を結ぶ
マンションを売却してくれる業者を選定したらその業者と媒介契約と呼ばれる契約を結びます。
媒介契約には、「一般媒介契約」「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」の3つあり、それぞれの契約ごとに特徴が異なるため、慎重に選択する必要があります。

2.売買契約を結ぶ
買主が現れたら買主との間でマンションの売買契約を結びます。
契約書に印鑑を押すことで正式な契約となり、この段階で契約の取り消し等は難しくなりますので、最終的な確認を怠らないよう気を付けましょう。

3.物件の最終確認と引渡し
契約後、指定の日時になったら登記申請書類や残代金の授受を行い引渡しとなります。
引渡しの際には、物件が契約時の状態と変化がないかや不備がないかなど最終的な確認が行われ、問題がなければマンションに住むために必要な管理規約や保証書、鍵を買主に渡し引渡しが完了したことを示す書類に署名・捺印を行います。

4.業者への支払い
買主と売主間での契約が完了したら、最後に仲介を担当した業者に仲介手数料を始めとした諸経費を支払います。

上記の4ステップがマンションを売却するまでの手続きの流れとなります。

後悔をしないためにマンション売却をここからスタート

全国700社以上の厳選された会社の中から査定を受けることができる、
日本最大級の不動産売却の専門サイト



  • 自宅から数分で終了!
  • 複数の会社の診断結果を比較
  • お断りもお願いできる
  • 診断は全て無料!



まずは無料査定

自分のマンションの基準額を知るところから始めましょう!