マンションを売る時にどのくらい所得税がかかるのか - マンション売却 売りたい!高く査定する方法

マンションを売る時にどのくらい所得税がかかるのか

マンションを売る際に、売却額とは別に気になる点として、どのくらい所得税がかかるもののかという疑問が、みなさんあるのではないでしょうか。
せっかく、思った通りの金額でマンションが売れたとしても、所得税をたくさん払わなければならなくなったら、ガッカリしてしまいますよね。

 

マンションを売る際に発生する税金は、マンションを購入した時よりも売った金額が高い場合、利益として確定申告をすることになるため、所得税と住民税がかかることになりますが、マンションを購入した時よりも売った金額が安くなった場合は、確定申告の必要はあるものの、申告をすることで所得税の還付を受けられるようになっています。

 

また、譲与所得が3000万円以下になる場合も、申告をすることで所得税の還付を受けられますので、家を売った翌年の2月16日〜3月15日には、忘れずに確定申告をしに行きましょう。

 

ちなみに、譲与所得は、マンションを売った金額から、マンションを購入した時の価格、取得にかかった費用(リフォーム等料金、登記費用、不動産所得税等)、譲渡費用(不動産会社の仲介手数料や広告料等)を引いた金額になります。

 

マンションを売るときに発生する所得税や住民税などの税金の計算には、この他にも色々な細かい特別控除などがあります。

 

気になる方は、インターネットなど検索して、マンション売買における税金についてまとめてあるサイトなどを利用し、詳細を調べておくことをおすすめします。

後悔をしないためにマンション売却をここからスタート

全国700社以上の厳選された会社の中から査定を受けることができる、
日本最大級の不動産売却の専門サイト



  • 自宅から数分で終了!
  • 複数の会社の診断結果を比較
  • お断りもお願いできる
  • 診断は全て無料!



まずは無料査定

自分のマンションの基準額を知るところから始めましょう!