マンションを売却すると支払い済みの固定資産税は? - マンション売却 売りたい!高く査定する方法

マンションを売却すると支払い済みの固定資産税は?

 

マンションを売却すると様々なお金関係の対応が必要となります。
そんなお金関係の中でも気になる事の1つと言えるのが、毎年支払っている固定資産税についてのことかもしれません。

 

マンションを売却すると支払い済みの固定資産税はどうなるか?

売却した後の分は戻ってくるのか?

ちょっと気になりますね。

 

結論を言う前に、固定資産税の基本をご説明しましょう。

 

固定資産税は、その年の1月1日時点の所有者が全額を負担するのが原則だそうです。

 

年の途中で売買などによって所有者が変わったとしても
1月1日現在の所有者がその年の4月1日からの1年度分の税を全て納付する。
となっています。

 

従って、その年の途中で売却した場合は、1月1日時点での所有者である売主が全期分を支払うのが原則となります。

 

ただ、税法上はそうなっているというだけで、実際には売却契約の際に売主と買主の間で臨機応変に決めている、というのが一般的のようです。
そのために、不動産売却の際には売却以降の固定資産税相当額=固定資産税精算金と呼ばれ、買主から受領することが一般的となっています。

 

そのため、資金計画を立てていく際には、まず不動産のオンライン査定ページなどを利用して相場価格を把握した上で、各種資金を計算する時には、固定資産税精算金も考慮しておくとより正確に把握できます。

 

売却の成立がその年の早い時期であればあるほど、固定資産税精算金が多くなります。
固定資産税精算金は、売主の譲渡所得となりますので、確定申告などの際には忘れず申請するようにする必要があります。

後悔をしないためにマンション売却をここからスタート

全国700社以上の厳選された会社の中から査定を受けることができる、
日本最大級の不動産売却の専門サイト



  • 自宅から数分で終了!
  • 複数の会社の診断結果を比較
  • お断りもお願いできる
  • 診断は全て無料!



まずは無料査定

自分のマンションの基準額を知るところから始めましょう!