マンションの売却にかかる手数料の相場は - マンション売却 売りたい!高く査定する方法

マンションの売却にかかる手数料の相場は

マンションの売却にかかる手数料と言えば、不動産会社への仲介手数料があたります。

 

不動産会社への仲介手数料は、特にマンションの売却だけに特化したものではなく、
不動産会社を通して、不動産を売買した場合に常に同じ条件で発生します。

 

基本的には、取り扱う不動産物件の売買代金に対して、価格によって3つに区分されていて、それぞれに率が決まっています。 

 

その価格区分と上限率は次のようになっています。

 

価格区分

上限率

200万円以下

5%

200万円を超え

4%

400万円以下

  

400万円超

3%

 

つまり、150万円の物件の場合、仲介手数料の上限値は5%となり、300万円の物件の場合、仲介手数料の上限は200万円分までは5%、そして200万から300万の100万円分に関しては4%となるのです。

 

一般的に仲介手数料は、価格区分に応じて上限率を乗じた分の合計に消費税を掛けたものになります。

 

ですから、マンションの売却時にかかる手数料の相場を把握しようとした場合、そのマンションの価格によって決まる訳ですから、【不動産のオンライン査定ページ】などでそのマンションの価格相場を確認しておけば、およその額がわかるようになるのです。

 

ちなみに、仲介手数料はあくまで上限値です。
多くの不動産会社では上限値で算出していますが、大手チェーン不動産の場合はほぼ無理ですが、地域に根付いた個人の不動産会社の場合は、交渉によって下がる場合もあります。

 

不動産会社選びの要素に手数料交渉が可能かどうかという点を加えてみるとより節約できるかもしれません。

 

 

後悔をしないためにマンション売却をここからスタート

全国700社以上の厳選された会社の中から査定を受けることができる、
日本最大級の不動産売却の専門サイト



  • 自宅から数分で終了!
  • 複数の会社の診断結果を比較
  • お断りもお願いできる
  • 診断は全て無料!



まずは無料査定

自分のマンションの基準額を知るところから始めましょう!