マンションを売りたい時、不動産業者は専任?一般? - マンション売却 売りたい!高く査定する方法

マンションを売りたい時、不動産業者は専任?一般?

マンションを売りたい時には、不動産業者と媒介契約を結ぶことが
必須となります。
その媒介契約の際に出てくるのが、専任契約と一般契約です。

 

基本的には、専任契約となることが多いのですが、もちろん一般契約の方が
いいと思えば、そちらを選ぶことも可能です。
その判断のために、媒介契約の種類として存在する3種類についてご案内します。

 

媒介契約は以下の3種類です。

 

  • 専属専任媒介契約
  • 専任媒介契約
  • 一般媒介契約

 

それぞれの特徴は、

「専属専任媒介契約」

  1. 売りたいマンションの販売は、契約を結んだ不動産業者1社のみ
  2. 不動産業者共通の物件データベース、レインズへの登録が必須
  3. 売主に対して1週間に1回以上の報告義務あり
  4. 売主が買主を見つけても売買出来ない

 

「専任媒介契約」

  1. 売りたいマンションの販売は、契約を結んだ不動産業者1社のみ
  2. 不動産業者共通の物件データベース、レインズへの登録が必須
  3. 売主に対して2週間に1回以上の報告義務あり
  4. 売主が買主を見つけた場合も売買できる

 

「一般媒介契約」

  1. 複数の不動産業者に販売の依頼が出来る
  2. 不動産業者共通の物件データベース、レインズへの登録が任意
  3. 売主に対して報告義務なし
  4. 売主が買主を見つけた場合も売買できる

 

となっています。 

 

とにかくマンションを売ってしまいたい!と言う場合や、あまり知られたくない場合などは、複数の不動産業者を使えて、データベースの登録も必須でない一般媒介の方がいいかもしれません。

 

基本的には、いい不動産業者を見つけた上で、その不動産業者と専任媒介をするのが通常ではありますが、不動産業者が契約の種類についてきちんと説明してくれるかどうかは、チェックしておいた方がいいでしょう。

 

さらに、どちらの契約をする場合でも、不動産のオンライン査定ページで相場価格を把握しておき、販売価格の設定が適正かどうかをチェックする必要もあるのです。

 

 

後悔をしないためにマンション売却をここからスタート

全国700社以上の厳選された会社の中から査定を受けることができる、
日本最大級の不動産売却の専門サイト



  • 自宅から数分で終了!
  • 複数の会社の診断結果を比較
  • お断りもお願いできる
  • 診断は全て無料!



まずは無料査定

自分のマンションの基準額を知るところから始めましょう!