マンションの価格を不動産業者が査定する時のポイント - マンション売却 売りたい!高く査定する方法

マンションの価格を不動産業者が査定する時のポイント

何らかの理由で、現在所有しているマンションを売りに出そうと考えた際、まずは、売却価格を設定するために、不動産業者にマンション価格の査定を受けることになります。

 

マンション査定とは、実際にそのマンションにいくらぐらいの価値があるか、専門家に来て調べてもらい、売却金額の目安を設定してもらう作業のことです。
では、不動産業者がマンションの価格を査定する際、具体的には、どのようなポイントをチェックされるのでしょうか。

 

不動産業者が、マンションの査定をする際には、多くの場合、金額査定の基準値として、そのマンションと似た間取りの部屋や、距離の近いマンションの直近の売買記録が利用されることになります。

 

そのだいたいの基準値をもとにして、売りに出すマンションの日当たり傷の具合など、細かい点を考慮した上で、マンションの査定額が決められていく仕組みなのです。

 

一番のポイントはそのマンションがいくらぐらいで売れるのかであり、どんなに査定金額が高くとも、実際にそのマンションに買い手がつかなければ意味がありませんから、実際に売れたマンションの情報を基準として考えるという手法は、利にかなった方法だと言えるでしょう。

 

不動産業者によっては、極端に他よりも高い査定金額を提示してくるところもありますが、それは、お客獲得のためのパフォーマンスであることが多く、優良な不動産業者とは言えません。

 

いくら査定額が高くとも、実際に売りに出して買い手がつかず、減額するということになってしまっては意味がありませんから、不動産業者を選ぶ際には、査定金額の高さよりも、査定金額の根拠がしっかりしている業者を選ぶことが良い取引きを行うための一番のポイントとなるでしょう。

後悔をしないためにマンション売却をここからスタート

全国700社以上の厳選された会社の中から査定を受けることができる、
日本最大級の不動産売却の専門サイト



  • 自宅から数分で終了!
  • 複数の会社の診断結果を比較
  • お断りもお願いできる
  • 診断は全て無料!



まずは無料査定

自分のマンションの基準額を知るところから始めましょう!