マンションの査定額はどのように決められるのか - マンション売却 売りたい!高く査定する方法

マンションの査定額はどのように決められるのか

みなさんがマンションを売却したいと思った時に、まずはじめに行うのは、不動産会社によるマンションの価格査定ではないでしょうか。

 

マンションがどれぐらいの査定額かわからなければ、具体的な売却の計画も立てられませんし、どこの不動産会社に売買をお任せするかも、この査定額が大元の判断基準になるのではないかと思います。

 

しかし、数件の査定を受けてみればわかるのですが、査定をお願いした不動産会社によって、マンションの査定額には開きがありますよね。
同じマンションの査定なのに、どうしてこのような違いが生まれてしまうのでしょうか。

 

マンションの査定額を決める一番メジャーな方法として、取引事例比較法という土地やマンションの価格査定における基本的手法があります。

 

これは、わかりやすく噛み砕いて説明すると、自分が売ろうとしているマンションに近い物件の取引き事例を基準として、マンションの立地条件や設備環境、築年数などを考慮し、だいたいの査定額を計算する方法です。

 

この方法の場合、マンションの付加価値部分の計算に不動産鑑定士の判断や、不動産業者の売買方針などが含まれるため、うしても業者ごとに、マンション査定価格の誤差が生まれてしまうことになります。

 

また、不動産業者によっては、付加価値部分以上の価格査定を行い、マンションが高く売れると見せかけて、専属契約をとろうとする悪徳な業者もあるため、自分のマンションの査定の平均値を知るためにも、インターネットのマンション一括査定などを利用して、少しでも多くの不動産業者から査定を受けるように心がけると良いでしょう。

 

後悔をしないためにマンション売却をここからスタート

全国700社以上の厳選された会社の中から査定を受けることができる、
日本最大級の不動産売却の専門サイト



  • 自宅から数分で終了!
  • 複数の会社の診断結果を比較
  • お断りもお願いできる
  • 診断は全て無料!



まずは無料査定

自分のマンションの基準額を知るところから始めましょう!