マンションを売るための査定はどんなものか - マンション売却 売りたい!高く査定する方法

マンションを売るための査定はどんなものか

 

マンションを売るためには、そのマンションの価値を知るために、まずは不動産会社の査定を受けることになります。

 

マンションを売るためにやらなければならない査定には、どのような種類があり、どのようにして計算されているのでしょうか。

 

まず、マンションを売るために行う査定方法は、不動産会社の仲介で第三者にマンション売却するための査定と、不動産会社に直接買い取ってもらう買取査定の大きく二つです。

 

どちらの方法も、近隣マンションの売買履歴や、その近辺の情報間取り交通事情などを加味して査定価格が計算されることになりますが、同じマンションでも、価格が自由に設定できる仲介用の査定価格よりも、不動産会社に買取してもらう場合のほうが査定価格が低くなる傾向にあります。

 

これは、買取の場合には、買取ったマンションを不動産会社が整備して売るためにかかるであろう、マンションのリフォーム代金や宣伝費、人件費などの諸費用を、査定額からあらかじめ引いた状態で計算されているためです。

 

つまり、少しでも高い価格でマンションを売りたいのなら、不動産会社の仲介による査定および売却方法を選択したほうが良いということになります。

 

しかし、仲介によるマンション売買には、不確定要素も多く、必ず思った価格で売れるとは限りません。

 

一般的には数ヶ月、長い時にはマンションが売れるまでに数年かかる場合も考えられるため、売却をお急ぎの方は、マンション買取を選んだほうが早く現金ができるというメリットがあります。

後悔をしないためにマンション売却をここからスタート

全国700社以上の厳選された会社の中から査定を受けることができる、
日本最大級の不動産売却の専門サイト



  • 自宅から数分で終了!
  • 複数の会社の診断結果を比較
  • お断りもお願いできる
  • 診断は全て無料!



まずは無料査定

自分のマンションの基準額を知るところから始めましょう!