マンション売却の際の手続きの流れ - マンション売却 売りたい!高く査定する方法

マンション売却の際の手続きの流れ


マンション売却の際には、正しい手続きを踏んでスムーズに売却処理をおこないたいものです。

ただ一般の人は不動産売却経験はそうあるものではないでしょう。
そこでマンション売却の際の手続きの流れを説明しましょう。
事前にしっかり確認しておくと安心です。

まずマンション売却を決めたときは、多くの場合、不動産会社を通じておこないます。
契約方法には3種類あって、「一般媒介契約」「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」があります。
それぞれ特徴がありますので、しっかり相談して決めましょう。
その後は不動産会社が売却活動をおこないます。

無事マンション購入者が見つかり、売り手と買い手両方の合意があればマンションの売却契約へと進みます。
契約書に押印すると売却が成立します。
その後引越し前までに用意する書類や手続きがあります。

まず、固定資産税納付書権利証印鑑証明書などの準備が必要です。
その書類をもとに、固定資産税の清算や残代金の受け取りなどをおこないます。
さらに抵当権の抹消手続きをします。
以上の手続きが終われば無事マンションの引渡しが完了できます。

さらに契約が決まった際に、不動産会社に払う仲介手数料も発生しますので、用意しておく必要があります。
ほかにも印紙代や抵当権抹消費用、そして不動産譲渡所得税も払う義務があります。

マンション売却の際には以上のような手続きが必要になります。
事前に流れを把握しておいて、早めに準備しておくと安心ですね。

後悔をしないためにマンション売却をここからスタート

全国700社以上の厳選された会社の中から査定を受けることができる、
日本最大級の不動産売却の専門サイト



  • 自宅から数分で終了!
  • 複数の会社の診断結果を比較
  • お断りもお願いできる
  • 診断は全て無料!



まずは無料査定

自分のマンションの基準額を知るところから始めましょう!