マンション売却時、床を張り替えた方がいいのか - マンション売却 売りたい!高く査定する方法

マンション売却時、床を張り替えた方がいいのか

 

マンションの売却を検討する場合、ペットを飼っていたりすると思っている以上に床に傷がついているのに気づくことがあります。

 

そのような時には、やはり床を張り替えた方がいいのかなあと思いますが、そこは一呼吸置いて考えてみることをお勧めします。

 

買主側から見れば、誰もが綺麗な方がいいものです。
余程傷が目立つとか綺麗じゃない状態であれば、買う気がなくなってしまうかもしれません。

 

しかし、そうは言っても床全面を張り替える場合、数十万から百万を超えることもあります。

 

すると、先に床の張り替えをして、その料金を売却価格に加えることで、マンションの相場価格より著しく高くなるようでは、価格面で売却が
出来なくなることも十分考えられます。

 

あらかじめ【不動産のオンライン査定ページ】で価格の相場を確認した上で床の張り替えにどれだけ掛けられるか、ということを不動産会社とよく話し合った上で実際にどれだけ床の張り替えなど行うか決めて行くとよいと思います。

 

経験豊富な不動産会社の方であれば、例えば買主さんに対して、床の張り替えを行った場合と行わない場合の価格を提示して、行わない場合は何十万円ほど安くなります、などの上手な営業トークで対応することも可能でしょう。

 

また、買主さんも色んな方がいらっしゃいます。
リフォーム業者に知り合いがいて安くできる人もいるでしょうから、そのような方の場合は、床の張り替えなどはむしろ自分でしたい、という人もいらっしゃるでしょう。

 

そういう場合もありますので、マンション売却時の床の張り替えについては、不動産会社の方とよく相談して検討されるのがいいでしょう。

 

後悔をしないためにマンション売却をここからスタート

全国700社以上の厳選された会社の中から査定を受けることができる、
日本最大級の不動産売却の専門サイト



  • 自宅から数分で終了!
  • 複数の会社の診断結果を比較
  • お断りもお願いできる
  • 診断は全て無料!



まずは無料査定

自分のマンションの基準額を知るところから始めましょう!