マンションを売る時にどのくらい諸費用がかかるのか - マンション売却 売りたい!高く査定する方法

マンションを売る時にどのくらい諸費用がかかるのか

 

マンションを売る時に、意外と忘れてしまいがちなのが、売却時にかかる様々な税金や諸費用についてではないでしょうか。

 

マンションを売却するした金額が全部自分のものになるのではなく、手元に残るお金は、各種税金や諸費用を差し引いた残額となります。

 

後になって、こんなはずじゃなかったと後悔しないためにも、マンション売る前に、どれぐらいの諸費用や税金がかかるのかきちんと調べておきしょう。

 

マンションを売る時に発生する諸費用には、不動産会社に払う仲介手数料譲渡税所得税・住民税(売却の際に利益が出た場合のみ)、登記費用売買契約書に添付する印紙代転居の場合は引越し費用、この他にも、必要があればマンションのリフォーム代などが必要になります。

 

不動産会社に払う仲介手数料は、売却代金の3.24%+64,800万円という計算式で求められますので、あらかじめ、マンションの査定額から計算しておくと良いでしょう。

 

譲渡税は、マンション売却金額から、購入代金、購入にかかった諸経費、マンション売却にかかった諸費用を引いた譲与所得を元に計算されます。
譲渡税の算出方法は、そのマンションの利用形態などによって異なりますので、気になる方はご自分で調べてみてくださいね。

 

所得税、住民税については、マンション売却価格に利益が出た場合のみとなっていますが、利益が出ていない場合でも確定申告を行わなければ、税金が控除されません。

 

利益がでた場合でも、減税措置などの対象になることがありますから、マンションを売却した後は、必ず確定申告を行うよう十分に注意しましょう。

 

後悔をしないためにマンション売却をここからスタート

全国700社以上の厳選された会社の中から査定を受けることができる、
日本最大級の不動産売却の専門サイト



  • 自宅から数分で終了!
  • 複数の会社の診断結果を比較
  • お断りもお願いできる
  • 診断は全て無料!



まずは無料査定

自分のマンションの基準額を知るところから始めましょう!