マンション売却時に気をつけたいこと - マンション売却 売りたい!高く査定する方法

マンション売却時に気をつけたいこと


今住んでいる、あるいは投機目的で購入したマンションを売りたいと思った方、どういった経路で売買契約を結んでいるでしょうか。

恐らく多くの方は不動産業者との面談などで査定を出してもらい、最も高く買ってくれる業者と契約することと思います。

しかし、購入時より安くなった、もしくは想定より遙かに安く買い叩かれたなど苦い経験をお持ちの方もいらっしゃることでしょう。

マンションなどの不動産を売却する上で気をつけたいことを考えていきましょう。


まず最初に確認すべきは、売るタイミングです。
欧米などでは中古物件も価値あるものなのですが日本では、中古物件の評価額は通常であれば落ちる一方であることが知られています。
つまり、急いで売らないと圧倒的に不利なのです。
マンションの場合、立地にも寄りますがおおよそ築5〜7年で価値の下落が著しくなるようです。

売り検討を始めたマンションがこれらの築年数である場合は、早めに売って利益を確定させた方が得策と言えるでしょう。

しかし、築年数が多いマンションの場合は価格が低下します。
そうした場合、元手は掛かりますがリフォームやリノベーションを行うという方法もよく取られています。
よく紹介される例が、築年数の経った物件をデザイナーズマンションのように改装する方法です。

これによって魅力のある付加価値(たとえば、楽器演奏可能とするような防音設備やバリアフリー設計)があれば、通常のマンションと異なった運用ができるでしょう。
加えて、地区全体が再開発される場合は、マンションを保持しておいた方が地価の値上がりによって評価額が上昇するという場合もあります。
こちらの方法はやや投機的になりますが、購入時以上の評価額となる可能性もある方法です。
いかがでしたか。基本的にマンションや不動産は価値が下落していくものです。

高いうちに売ってしまうか、リフォームして付加価値を出すか、周辺環境の変化を待つか。
それぞれにリスクはありますが、自らのリスク許容度に応じて適切なタイミングで売却していただければと思います。

後悔をしないためにマンション売却をここからスタート

全国700社以上の厳選された会社の中から査定を受けることができる、
日本最大級の不動産売却の専門サイト



  • 自宅から数分で終了!
  • 複数の会社の診断結果を比較
  • お断りもお願いできる
  • 診断は全て無料!



まずは無料査定

自分のマンションの基準額を知るところから始めましょう!