マンション売却に関するコツ

一時期日本ではマンションの売買が盛んに行われていた時期がありましたが、景気の悪化によってこういったマンションの売買は下火になっていたのですが、近年の日本の景気の回復に伴いマンションの売買も再び活気を取り戻しつつあります。

マンションの売却を行うなら今このチャンスを逃さないことが大切です。

しかし一口にマンション売却といっても、マンションを如何に高く売るかという工夫をしなければ、思った以上の高値で売ることは難しくなってしまいます。

マンションをより高い値段で売却するためのコツにはいくつかの方法があり、特に重要なのがマンションの査定額を如何に高く見積りさせるかが重要になっていくのです。

こういったマンション売却の際の査定額を高くする方法としては、マンションの掃除やメンテナンスをしっかりと行い、最高のコンディションで査定を受けることが最善の方法です。

査定の前にハウスクリーニングの業者などにクリーニングを依頼したり、リフォーム業者に簡単な改修工事を依頼しておけば、マンション査定時に良い評価を貰い結果的にマンション売却額を上げることに繋がります。

マンションを売りたい人が高く売るコツ

マンションを売りたい人が高く売るコツは、色々あります。

様々な本やwebサイトでも色々書かれています。いずれも参考にすることで
より高く売れる可能性が高くなってきます。
でもたくさんありすぎてどれをやればいいのかわからない、という方もいらっしゃるかもしれません。

そういう方のために、様々なコツの中でも、より簡単で効果があるコツをお伝えしましょう。

そのコツは次の2つです。

相場をチェックする
不動産会社の嗅覚を利用する

マンションを売る際の価格の基本となるのが相場価格です。
そしてその相場価格は、築何年かの売りたいマンションと新築のマンションの2つの相場価格が重要となります。

基本的に中古マンションと新築マンションの相場は連動します。
新築が上がってくれば中古も上がってきます。
ですから、両方の相場をチェックしておくことが重要なのです。

【不動産のオンライン査定ページ】などで中古だけでなく、2つの相場価格を常にチェックしておきましょう。
売りたいマンションの相場は上がってなくても、新築の相場が上がっていればチャンスもしくはチャンスが近いと判断できます。

また、相場をチェックしても相場ですから上がったと思っても下がる場合があります。
従って、しっかり相場を把握する必要がる訳ですが、これは素人のビギナーズラックよりも長年の経験を持つ不動産会社の嗅覚を信頼するべきでしょう。

そのためにも不動産会社選びが大事になってきます。

マンションを売りたい人が高く売るコツは、
相場のチェックと不動産会社の嗅覚の利用、この2つです。

マンションを売りたい時の内覧の対応方法

マンションを売りたい時に、内覧希望の方がいらっしゃることも多いでしょう。
当然ながら、内覧者は広告やチラシなどで物件を見られる方よりも買ってくれる可能性の高いというわけですから、大事なお客様です。

そのような内覧者が売りたいマンションを内覧される時の対応方法についてご紹介します。

まず、部屋を綺麗にしておくこと、これは必須です。
既に生活はしておらず、荷物もない状態であればいいのですが、生活している状態であれば、いくら物件とは直接的に関係なくても印象が全然違います。

次に、プラス面とマイナス面の両方について、売りたいマンションの状態をしっかり把握しておくことです。

内覧に来られる方は、買いたいと思っているから来られる、しっかりチェックしたいから来られるのです。ですから納得するまで見たいでしょうし、聞きたいと思って来られるはずです。中にはチェックシートとか作って来られる方もいらっしゃるかもしれません。

そのような方からの質問に対して、プラス面でもマイナス面でもきちんと答えられる、ということが重要なのです。
少々のマイナス面でも状況を把握しておけば、大丈夫という方もいらっしゃいますが、逆に、質問に回答してくれない、満足いく回答が得られなかった、という不信感で物件を諦める、という方は結構多いのです。

特に騒音系、日当たり系、匂い系は、必ずと言っていいほどチェックされますので、しっかり把握しておきましょう。
また、不動産のオンライン査定ページなどである程度の相場を把握しておくことも重要です。

内覧される方も相場もチェックしている方もいらっしゃいます。マンションの状態がこうだからこの価格、と根拠のある説明が出来れば、内覧はもう半分成功していると言えます。

少しでも高くマンションを売るコツ

誰しも、大事なマンションを何らかの理由で売ることになった時、少しでも良い条件で高く売りたいと考えるものです。
マンションを売却する際に、より高く好条件で売るためのコツにはどのようなものがあるのでしょうか。

まず、やむを得ない事情で急いでいる場合をのぞき、マンション売る際には、十分時間に余裕を持つことが成功のコツのひとつです。

一般的に、媒介契約(不動産会社に仲介を依頼するための契約)から、マンションの売却の契約が成立するまでの期間は、最短1ヵ月、長期に渡ると6ヵ月程度と言われており、自分の納得する価格で売るためには、最低でも3カ月は準備および待機期間が必要になるとされています。

時間的な余裕があれば、じっくりと売却価格や不動産業者を検討する時間も生まれ、良い条件でマンションを売るチャンスがそれだけ増えることになりますから、マンションを売る際には、しっかりと腰を据えて売却計画を立てるように心がけましょう。

また、不動産業者選びの際は、一社にこだわらず、複数社から査定を受けて、信用できる不動産業者を探すこともマンションを良い条件で高く売るためのコツとなります。

この際に、査定金額の高さばかりに気をとられて、安易に不動産業者を選んではいけません。

不動産業者の査定金額というのは、あくまでも業者出した目安の価格であり、実際の売却価格とは全くの別物となります。

中には、契約をとりたいがために、高額な査定価格を提示してくる悪徳な業者もありますので、なるべく複数の不動産業者から査定を受け、査定根拠のしっかりとした信用できる業者を選ぶことが大切です。

マンションを売りたい人の賢い確定申告

投資目的でも単に住居を変えることが目的でも、マンションを売って利益(譲渡所得)が出た場合には、確定申告をする必要があります。

詳しくは、国税庁のHPなどで最新情報を確認するべきなのですが、ごく簡単にまとめると、

A そのマンションを売った金額(譲渡価格)
B そのマンションを購入した価格に減価償却を差し引いた金額(取得費)
C 不動産屋さんへの仲介手数料や改装に掛かった費用など(売却費用)

譲渡所得=A-(B+C)

この譲渡所得(マンションを売った利益)に

もし売ったマンションに住んでいた場合(居住用)であれば、3000万円の特別控除を引いた分が、確定申告するべき課税譲渡所得となります。

この課税譲渡所得があった場合に、所定の税率で住民税と所得税が掛かってきます。

ですから、マンションを売りたい場合には、あらかじめ確定申告が必要であること、特別控除があることを理解しておくことが賢い方法の第一歩と言えます

そして、課税譲渡所得に対しての税率というのは変更されることが多く、最近でも消費税などの税率も変わっていることもあり、それらの税率などの情報をあらかじめ不動産会社などから早めに聞いておくことが必要です。
その上で【不動産のオンライン査定ページ】などを利用してマンションがどれくらいで売れるのかの目安を調べておくことも必要なのです。

たまたまその年にマンションが売れたから流れで確定申告をするのと、きちんと税率や控除などをしった上で確定申告するのと、どちらが賢い確定申告であるかは、言うまでもないと思います。

マンションを売りたい時には、情報をしっかり収集し賢い確定申告をしていきましょう。

マンション売却時に気をつけたいこと

今住んでいる、あるいは投機目的で購入したマンションを売りたいと思った方、どういった経路で売買契約を結んでいるでしょうか。

恐らく多くの方は不動産業者との面談などで査定を出してもらい、最も高く買ってくれる業者と契約することと思います。

しかし、購入時より安くなった、もしくは想定より遙かに安く買い叩かれたなど苦い経験をお持ちの方もいらっしゃることでしょう。

マンションなどの不動産を売却する上で気をつけたいことを考えていきましょう。

まず最初に確認すべきは、売るタイミングです。
欧米などでは中古物件も価値あるものなのですが日本では、中古物件の評価額は通常であれば落ちる一方であることが知られています。
つまり、急いで売らないと圧倒的に不利なのです。
マンションの場合、立地にも寄りますがおおよそ築5~7年で価値の下落が著しくなるようです。

売り検討を始めたマンションがこれらの築年数である場合は、早めに売って利益を確定させた方が得策と言えるでしょう。

しかし、築年数が多いマンションの場合は価格が低下します。
そうした場合、元手は掛かりますがリフォームやリノベーションを行うという方法もよく取られています。
よく紹介される例が、築年数の経った物件をデザイナーズマンションのように改装する方法です。

これによって魅力のある付加価値(たとえば、楽器演奏可能とするような防音設備やバリアフリー設計)があれば、通常のマンションと異なった運用ができるでしょう。
加えて、地区全体が再開発される場合は、マンションを保持しておいた方が地価の値上がりによって評価額が上昇するという場合もあります。
こちらの方法はやや投機的になりますが、購入時以上の評価額となる可能性もある方法です。
いかがでしたか。基本的にマンションや不動産は価値が下落していくものです。

高いうちに売ってしまうか、リフォームして付加価値を出すか、周辺環境の変化を待つか。
それぞれにリスクはありますが、自らのリスク許容度に応じて適切なタイミングで売却していただければと思います。

マンション高額売却の3つのポイント

マンションの売却を検討されているという方の大半は「少しでも高く売却したい」と考えているはずです。

しかし、不動産の売買など一般の私たちにとってそれほど馴染みのあるものではありませんので、どうしたら高く売れるのか分からないという方も少なくないでしょう。
そこで、今回はマンションを高額で売却するための3つのポイントをご紹介しますので、マンションの売却を検討されている方はぜひ参考にしてみてください。

1.物件価値の把握

売却と言うと、すぐに業者に依頼してしまう方が多くみられますが、少しでも高く売るためには事前に自身でマンションの価値をある程度把握しておくことが大切です。
価値を把握するためには、複数の業者が登録している一括査定サイトを利用する、地域の不動産情報誌で似た条件の物件を探すといった方法があります。

2.業者は即決しない

業者を選ぶ際に重要なポイントは1社に相談してすぐに決めてしまわないという点です。
得意な物件や地域など業者ごとに差がありますので、査定額だけで判断するのではなく最も対応が信頼でき安心して任せられそうだと感じた業者に依頼することが大切です。
ただ、不動産は時間が経過すると価値が低下してしまうため、業者選びに時間をかけ過ぎることもリスクですので、その点は注意しておきましょう。

3.室内をキレイにする

マンションは一軒家と異なり外観はありませんので、内観の状態が大きく売却額に影響を与えます。
新しくマンションを購入される人は、高額な費用を支払うことになるため、普段私たちが注目しないような細かい箇所も確実にチェックします。
ですから、どこを見られても問題がないと思われるように掃除は完璧に行っておくことが重要です。

上記の3つをしっかりと行えば、マンション売却で失敗してしまうリスクを大幅に減らすことができますので、必ず記憶しておくようにしてください。

マンション売却に関するコツ

一時期日本ではマンションの売買が盛んに行われていた時期がありましたが、景気の悪化によってこういったマンションの売買は下火になっていたのですが、近年の日本の景気の回復に伴いマンションの売買も再び活気を取り戻しつつあります。

マンションの売却を行うなら今このチャンスを逃さないことが大切です。

しかし一口にマンション売却といっても、マンションを如何に高く売るかという工夫をしなければ、思った以上の高値で売ることは難しくなってしまいます。

マンションをより高い値段で売却するためのコツにはいくつかの方法があり、特に重要なのがマンションの査定額を如何に高く見積りさせるかが重要になっていくのです。

こういったマンション売却の際の査定額を高くする方法としては、マンションの掃除やメンテナンスをしっかりと行い、最高のコンディションで査定を受けることが最善の方法です。

査定の前にハウスクリーニングの業者などにクリーニングを依頼したり、リフォーム業者に簡単な改修工事を依頼しておけば、マンション査定時に良い評価を貰い結果的にマンション売却額を上げることに繋がります。